「事業場外労働に関するみなし労働時間制」の適正な運用のために

営業等で、会社から離れて仕事をする職種に、事業所外労働のみなし労働時間制を適用する場合があります。このパンフレットでは、その場合の注意事項について、記載されています。

「事業所外労働に関するみなし労働時間制」については、阪急トラベルサポートの最高裁判決が平成26年1月にあり、会社が敗訴しています。

このパンフレットは、この判決後に発行されているものです。

パンフレット・リーフレット | 東京労働局.