2016年、依然として採用が厳しい状態が続いています。富山県内は、西部に大型商業施設ができた関係で、パートタイマーの時間給の上昇、そして、それでも集まらないという状態が続いています。

もちろん、これは、マクロで見た話。以前から、採用に力を入れているところは、時間給競争に巻き込まれず、募集・採用を行っています。ミクロで見ると、うまくいっているところは、うまくいっているというのが、実感です。

そして、今年の大きなことと言えば、マイナンバー制度のスタートです。会社は、従業員さん等からマイナンバーをお預かりし、厳密に管理する必要があります。もし、この管理がずさんだと、安心して務めることができない会社となってしまいます。